交通と地区

交通について

このワールドでは鉄道列車の自動運行により、ワールド内の町や村が繋がっています。
特に、スポーンの島からワールド内最大の町春戸地区へ1400ブロックを30秒で結ぶ新幹線は鯖民にも重宝されています。
鉄道の運行状況は鉄道運行資料をご覧ください。

路線図

鉄道全体の路線図(2020/1/4現在)

地区について

ワールド内には住民が形成したいくつかの集落があります。
この項ではその集落と特性を紹介します。

卯之原(Unohara)

卯之原地区はこのワールドのスポーンとなっている島を中心にした埋め立て地区です。
ワールド初期こそ多数の家々が並ぶ街でしたがその土地の有限さや開発地区が手狭になってきたことから次第にゴーストタウンへと変わっていきました。
現在、駅前を中心とした再開発が行われています。
再開発の一環で春戸とを結ぶ新幹線が開業しました。
砂鉄線の新卯之原駅はアクセスが悪いので、卯之原駅直下にホームを移設することを計画しています。

黒森峰(Kuromorimine)

黒森峰地区は初期にEXR線が通った町です。
大規模植林場と農場があります。
町内にはフル稼働のビーコンがあります。

春戸(Haruto)

鯖内最大の都市です。(諸説あり)

新幹線がスポーンから通っているので、ぜひご利用ください。
砂鉄春戸駅を中心とした各社のオフィスビルが立ち並ぶ地域や駅東の農業地域があります。北春戸駅前の整地地域では鯖民が新規の人に拠点建設をあっせんしています。農業施設や畜産施設がそろっているのでとりあえず向かう町としておすすめです。

夏戸(Natsuto)

春戸から少し離れた、別荘地として開発中の街です。
砂鉄夏戸線と、EXR南部線が乗り入れています。
町内にあるサトウキビ自動増殖装置は毎時うん千のサトウキビを生産しています。もともとは綺麗だった川もこの装置によって...おっと誰かが来たようだ...

北林(Kitabayashi)

編集中∩゚∀゚∩